セミナー

2018年度EMC設計技術者資格試験対策講座

EMC設計技術者資格*1は、一般社団法人KEC関西電子工業振興センターと米国iNARTEが共同設立した電子機器や電気電子回路・プリント基板を設計する技術者の「EMC対応設計力」を評価認定する資格です。

*1:EMC設計技術者試験のページ
  2018年試験については、KECのページを参照してください。
   ・2017年資格試験要綱はこちら
   ・資格試験自体の申し込み・各種情報はこちらを参照ください。


 このたび、2018年度資格試験*1に先立ち、その対策講座を開催いたします。

日時・会場
(1) 大阪会場
 日時 2018年9月、詳細未定
 会場:未定
 定員:未定

(2) 新横浜会場
 日時 2018年9月、詳細未定
 会場:未定
 定員:未定

カリキュラム
 ・試験概要、問題構成解説(技術カテゴリー毎)
 ・例題を切り口とした解法解説(解法のコツ)
 ・Excelを用いた各種計算方法解説

配布物
 ・ヒント集(公式、解法、法規概要等を記述*2)
 ・例題集(解答例、解説付き*2)
 ・電子ファイル(計算用Excelファイル等*2,*3)
 *2:以上の配布物は全て会場持ち込み可
 *3:電子ファイルはUSBメモリで提供

講師
 谷 貞宏(ST-Lab 技術美研究所 所長)
 iNARTE認定 Master EMC Design Engineer(EMCD-00240-ME)
 第一級アマチュア無線技士(JH3BBL)

協賛
 株式会社トータス
 http://www.totas-kame.co.jp/

参加料
 未定

お問い合わせ先
 ST-Lab 技術美研究所
 E-mail:seminar◆★■▲st-lab.jp
 (※「◆★■▲」を「@」に置き換えて下さい。)

キャンセルポリシーおよび関連事項
 ・連絡なくセミナー当日に不参加の場合には、資料・データ作成費
  の実費を申込者に請求します。資料・データはお渡ししません。
 ・代理者のセミナー参加は可能ですが事前にお知らせください。
  連絡なき場合には参加をお断りすることがあります。
 ・当日参加申し込みは受け付けません。
 ・資料・データのみの販売は基本的にお断りしております。

その他注意事項
 ・Excel実行可能なPCを持参下さい(絶対条件ではありません。)。
 ・会場にはインターネット環境はありません。

講座全体の解説内容例
 ・なぜコモンモード電流は流れるか?
 ・共振とは何か?
 ・特性インピーダンスとは何か?
 ・伝送線路端ではなぜ反射が起こるか?
 ・終端抵抗値、パスコン容量値の求め方

解説問題例
 特性インピーダンスに関し、間違った記述はいずれか?
 (A) 特性インピーダンスは、前進波あるいは後進波の電圧と電流の比である。
 (B) 特性インピーダンスは一般的に複素数である。
 (C) 伝送線路の入力インピーダンスは特性インピーダンスに等しい。
 (D) 電源電力を全部伝送線路に流入させるためには、線路の特性インピーダンス
   の共役複素数を入力インピーダンスとすればよい。

開催済みのセミナー